18歳以上の年齢証明

法律で制定

法律で決まっているので必ず行わないと利用できない

複数のやり方がある

18歳以上の年齢証明をすることが出会い系サイトでは必要です。

出会い系サイトは法律で18歳未満の方の利用をすることが出来るのは禁止されていますよね。

出会い系サイト全盛期のときは法律などがしっかりと定められていなかったために未成年者の売春などが横行していました。

これが社会問題となって厳しい法律として制定されたのです。

出会い系サイトは特に厳しい18歳以上の年齢証明が必要なためよくインターネット上で表示される18歳以上ですか?という表示に対して「はい」か『いいえ』で答えればいいというものではありません。

しっかりと運営側に確認を取らないといけません。これが出会い系サイトを利用する上で最も面倒と思ってしまうことかもしれません。

ではどうすれば18歳以上の年齢証明になるのかと言うと一つはクレジットカードでポイントを購入したり登録をすることで証明となります。

クレジットカードは18歳以上でしか所有することが出来ないのでそのまま年齢証明になりますので簡単です。

ただしクレジットカードをお持ちでない方は18歳以上と証明できる運転免許証やパスポートなどの公的証明書で証明する必要があります。

このときに名前や住所、顔写真などは必要ありませんのでそれは伏せた状態でかまいません。

これを写メで撮って運営側に送付するかFAXで送って運営側が確認取れれば証明となります。

出会い系サイトごとのやり方がありますので慌てずに落ち着いて行いましょう。